一般歯科

虫歯の治療

虫歯の治療法は、虫歯の進行度で変わってきます。歯は2 層構造になっており外側からエナメル質、象牙質といいます。象牙質のさらに内側には神経があります。

虫歯の進行度合い

C1

エナメル質だけに虫歯があるものはC1といいます。C1の治療法は、削って白いプラスチックの材料でつめていきます。白い詰め物なので目立たず、削る際も麻酔を必要としまい事が多いです。治療に必要な来院回数は1回です。

C2

象牙質に達していて、神経には達していない虫歯とことです。治療法は、削って白い材料でつめていきます。深い虫歯になると、部分銀歯によって被せていきます。削る際は、麻酔を必要とする事が多いです。治療に必要な来院回数は1~2回です。

C3

神経にまで達している虫歯です。神経をとる処置が必要です。なかには抜かなければいけない時もあります。治療に必要な来院回数は個人差がありますが、5回~10回くらいが平均的です。最終的には、銀歯を被せる必要があります。

C4

歯の崩壊している虫歯です。虫歯を長期間放置すると、最後はこの状態になります。神経をとる処置か、抜かなければいけない状態です。部分銀歯や全部被せる銀歯は、白くする事も可能です。その際は、保険が適用されませんので自費治療になります。被せる部位や使用する材料で価格が変わってきます。