小児歯科

小児歯科

小児歯科では、虫歯の治療と予防、歯の外傷の治療、乳歯と永久歯の生え方の異常の治療やきれいな歯並びへの育成などを主に行っています。

小児歯科での治療

虫歯の治療

虫歯をけずり白い詰め物、または部分銀歯にします。神経をとらなければならない場合は、根の治療が必要になり最終的には全部被せる銀歯を装着します。

虫歯の予防(シーラント)

乳歯や生えてきたばかりの永久歯は虫歯になりやすいです。歯の溝から虫歯になる事が多いので、溝を予め白い詰め物で埋めていきます。 溝を浅くする事によって、汚れを取りやすくし、虫歯を予防していきます。

歯の外傷

子供は転倒や打撲などで、前歯をぶつけることがよくあります。歯がぬけたり、かけたりします。 かけた場合は、かけた大きさやかけた場所によって治療法がことなりますので、早めの受診をお願いします。 歯が抜けた場合でも、すぐに適切に処置をすればもとに戻せます。歯の保存方法が重要ですが、まずはご連絡ください。

乳歯と永久歯の生え方の異常の治療

まずは顎全体のレントゲン写真を撮ります。永久歯の本数に異常がないか、はえてくる歯の方向・位置に異常がないかを詳しく診査します。 乳歯が抜ける時期を過ぎてもうまく抜けず、永久歯が生えるのを邪魔している場合もありますので、その時は抜歯をして永久歯が適切にはえるのを助けてあげたりします。 本格的な矯正治療が必要な場合もありまので、その時は矯正専門の歯科にご紹介いたします。